たきざわ法律事務所

ユーザーが不動産一括査定サイトを使う理由、不動産会社選びのポイントとは?

この記事を書いた弁護士は…

 

 

 

「自宅を売却したい!」、でも「どこの不動産会社に依頼して良いかわからない!!」というユーザーが多くいます。

インターネットで「売却・不動産会社」などと検索すると、多くの不動産会社が出てきますが、

サイト上だけでは決め手になるような情報はなかなかありません。

では、不動産一括査定サイトを使うユーザーは、一体どのような心境で利用しているのでしょうか?

また、不動産一括査定サイトを利用しているユーザーから、売却案件を獲得するにはどうしたらよいのでしょうか?

 

この記事では、ユーザーがどんな思いで不動産一括査定サイトを利用しているのか?

不動産会社選びで重視しているポイントについて解説します。

 

不動産一括査定とは

 

不動産一括査定とは、ユーザーがマンション名、部屋番号、広さ、住所などの個人情報をサイトに入力することで、

複数社の査定を同時に受けられるサービスのことです。

 

不動産一括査定サイトは、ユーザーが複数の不動産会社に個別で連絡することなく、無料で査定を受けられるのが一番の特徴です。

尚、各々のサイトは、提携会社数や同時に査定依頼できる会社数などが異なります。

不動産一括査定サイトに登録する際は、各サイトの特徴も確認しなければなりません。

 

登録料金と簡単な仕組み

 

不動産会社が、不動産一括査定サイトを利用すると手数料が発生します。

殆どのサイトは成功報酬制で、1件の査定案件獲得毎に手数料を支払う仕組みとなります。

 

通常、不動産会社が査定案件獲得の集客を行うには、

新聞折込チラシ、交通広告、街頭看板など、広告費用を先行投資する必要があります。

したがって、成果によってはコストパフォーマンスが悪くなることもあるのです。

 

しかし、不動産一括査定サイトでは、無駄な広告費の投入はなく、確実に査定案件を獲得できます。

集客の成果が出るかわからないものに、無駄な広告費を投入したくない中小の不動産会社には、特におすすめです。

 

不動産一括査定サイトの数

 

不動産一括査定サイトは、メジャーなものだけでも10以上のサイトがあります。

 

不動産一括査定サイトを利用するのは、売却初心者の人が殆どで、

その中には不動産売却をこれから学ぼうと思っている人も多くいます。

そこで、これらのサイトには、不動産の売却をテーマにしたコラムや、

お役立ち情報などがあるとより使いやすくなります。

 

これらの情報がサイト内で充実することで、ユーザーは不動産の査定や売却に関する知識を得ることができ、

売却活動に進むイメージを高めることができるのです。

したがって、ユーザー目線で作りこまれているサイトであれば、そのまま査定に進む可能性は高まります。

 

一括査定サイトに登録するのであれば、不動産売買初心者にわかりやすく、

お役立ち情報など、サイト内の情報量が充実しているところがおすすめです。

 

不動産一括査定サイトを使うメリット・デメリット

 

ここでは、不動産一括査定サイトを使うメリットとデメリットについて、不動産会社とユーザー側に分けて紹介します。

 

不動産会社のメリット

 

最初に、不動産会社のメリットを挙げていきます。

まず、不動産会社のメリットは集客の必要がないことです。

不動産会社にとって、一番大変なのは査定案件の獲得です。

通常、査定案件の獲得には、広告費などに多額の費用を費やしますが、

不動産一括査定サイトは成功報酬制になっています。

 

また、一括査定サイトならではの集客ができるのも魅力で、

自らの集客活動では獲得できない顧客層を取り込める可能性があります。

 

集客できる幅も広がり、売りたい人の情報を多く獲得できるので、

さまざまな案件に携われるチャンスが出てくるのです。

 

特に、会社名がメジャーではない中小の不動産会社にとって、登録するメリットは大いにあります。

 

ユーザーのメリット

 

続いて、ユーザー側のメリットです。

  • ・不動産会社がすぐにみつかる

  • ・無料で複数社の査定を受けられる

  • ・悪徳な不動産会社にひっかからない

まずは、売却してくれる不動産会社がすぐに見つかることです。

都心部では、不動産会社が多くあるので、

不動産会社探しに苦労することはありません。

しかし、郊外や田舎立地ではそもそも不動産会社が少ないので、

不動産会社探しから苦労することがあります。

 

また、アパートやビルなど事業用不動産は、

どこの不動産会社が扱ってくれるのか売買初心者にはよくわかりません。

こんなときに、不動産一括査定サイトを使えば、近隣で売却してくれる不動産会社がすぐに見つかり、

また複数社あれば査定額やサービス内容等を見比べることができます

 

次に、無料で複数社の査定を受けられます。

複数社受けるメリットは、売却出来そうな大まかな相場がわかること、

高すぎる査定や安すぎる査定など、査定金額の善し悪しがわかることです。

サイトにより、同時に査定できる件数にばらつきがありますが、同時に複数社できることはメリットでしかありません。

 

最後に、悪徳な不動産会社は排除されていることです。

不動産一括査定サイトの運営会社は、ホームズやスーモなど大手企業となっています。

サイト運営会社は、不動産会社登録時に一定の審査を行っていたり、

ユーザーからクレームが多い不動産会社とは契約を解除するなど、悪徳な不動産会社は排除されています。

したがって、ユーザーは安心して査定や不動産会社の紹介を受けられます。

 

不動産会社のデメリット

 

続いて、不動産会社のデメリットを挙げていきます。

まず、不動産一括査定サイトは複数社に査定依頼ができるのがユーザーのメリットです。

しかし、不動産会社にとっては、査定案件獲得は競合他社との競争になります。

 

他社との競争になるので、案件を獲得できればよいのですが、獲得できないケースも多く不動産会社の労力が報われないことも多くあります。

査定案件が獲得できるかはユーザー次第であるので、

不動産会社としては査定額や査定の根拠、売買完了までのストーリーをなるべく早めに提示することで、案件獲得に努めていくのです。

 

次に、査定依頼はいつ来るかわかりません。

査定依頼が来たところで即座に対応しなければ、案件獲得には繋がりません。

したがって、いつでも連絡ができる体制を整えておく必要があります。

 

最後に、不動産一括査定サイトならではですが、査定金額だけを何となく知りたいユーザーも多くいます。

したがって、不動産会社が費やした手数料が無駄になる可能性もあります。

 

ユーザーのデメリット

 

最後に、ユーザーのデメリットを挙げていきます。

  • ・個人情報などが拡散してしまう

  • ・電話が多くなる

  • ・不動産会社は選べない

まずは売却したい人の個人情報が、多くの不動産会社に広まるです。

また、不動産会社からは案件獲得のための電話が、しつこく掛かってくることもあります。

複数社同時査定を行えば、査定を行った会社ほぼ全てから電話連絡があるので、ユーザーは対応しなければなりません。

 

最後に、サイトによりますが、不動産会社が選べないケースが多いです。

これにより、地域に精通した不動産会社ではなく、とんでもなく遠方の不動産会社が査定を出してくるケースもあります。

このときの査定は机上査定となり、不動産会社はレインズの成約事例などを見ながら査定額を算出しています。

したがって、地域に精通していなくても査定を出すことは可能なのです。

 

これによる弊害は、その後売却活動に進み、仮に売却が行き詰まってしまった場合です。

地域に精通しているか否かで、対処方や対策が変わり、売却時期や金額に大きく影響してきます。

 

ユーザーが不動産一括査定サイトを使う理由

 

ここからは、ユーザーが不動産一括査定サイトを使う理由について解説していきます。

 

気軽に査定額を知りたい

 

まずは、気軽に査定額を知りたいということです。

「不動産会社に行くのは気が引ける」、「とりあえず今売れる金額が知りたい」などです。

 

現在は、インターネットのサイトにて売却したいエリアの相場額など、気軽に知ることも可能です。

しかし、おおよその参考値でしかないため、より具体的に査定額を知りたいというのがあります。

 

複数社に連絡する手間が省ける

 

次に、複数社に連絡する手間が省けることです。

1社ずつ不動産会社のサイトにアクセスして、査定依頼するのは面倒です。

 

不動産一括査定サイトを利用すれば、一度の入力で済むことと、スマホ等でも気軽にできるのが魅力です。

 

不動産会社の店舗に行くのが面倒

 

次に、不動産会社の店舗に行くのが面倒であるからです。

売却することは決まっていないが、

とりあえず査定だけを受けておきたいという心理であれば、店舗に出向くのには敷居が高いと思われることもあるのです。

 

適正価格(相場価格)がわかる

 

更に、適正価格(相場価格)がわかるからです。

不動産会社の査定を受けることで、適正価格を把握することができ、

売却に向けて前向きに考えるきっかけになります。

 

営業されたくない

 

最後は、営業されたくないからです。

仮に不動産会社の店舗に出向けば、執拗な営業をされる可能性があります。

ユーザー心理としては、まだ具体的に売却を決めるまでは営業されたくない、また必要な情報だけ提供して欲しいという心理があります。

不動産一括査定サイトを使うと、電話やメールなどでの営業はありますが、自らでシャットアウトすることは可能です。

 

不動産会社は、以前より営業がしつこくなどの悪いイメージがあることから、営業されたくないというのが一番の理由となるのです。

 

ユーザーが不動産会社選びでポイントにすること

 

ここからは、ユーザーが不動産会社選びでポイントとなることについて解説します。

ユーザーに選ばれるには、このポイントが重要になります。

 

信頼できる不動産会社か

 

まずは、信頼できる会社かどうかです。

ユーザーからの信頼を得るには、まずはメールでの文面です。

査定額を伝えるメールの文面が丁寧であること、

ユーザー側を気遣うような文章であること、日本語などの文章がおかしくないか、です。

また、査定の根拠や売買完了までの具体的なストーリーが描けているかもポイントです。

 

他には、周辺相場に詳しい、売買事情に精通しているなど、

不動産の素人がこの会社に頼んでみたいと思わせることが大事です。

 

言葉使いや接客態度が丁寧

 

次に、電話口での言葉使いです。

当初のコンタクトは、電話になります。

その際の担当者の丁寧な言葉使いや、ユーザー側からの質問にわかりやすく回答できるかがポイントです。

また、実際に店舗等への来店されたときも、接客が丁寧で態度は横柄でないかもポイントとなります。

 

また、接客ルーム以外にトイレが綺麗であったり、

キッズルームがあるかなど、また来たいと思わせる店舗作りもポイントとなります。

 

希望地域での売却実績

 

次に、売却の実績です。

一戸建てや土地であれば近隣での実績、

マンションであれば同じマンション内か周辺マンションでの実績があれば安心です。

 

ユーザーが近隣での売却実績を聞いてきたら、

「漠然と安心感を得ておきたい」という心理が働いてます。

 

ネームバリューの高さ

 

更に、ネームバリューの高さです。

ネームバリューとは、大手不動産会社のみならず、その地域で名が知られている不動産会社のことです。

 

ネームバリューがたかければ、その分実績も多くあるはずです。

ネームバリューがあると、安心して依頼ができます。

 

ネットの口コミ評価が高い

 

最後に、ネットでの口コミ評価の高さです。

全ての口コミを鵜呑みにするユーザーは少ないと思いますが、

概ね良い意見悪い意見どちらが多いかも、不動産会社選びにはポイントになります。

 

仮に、決めようと思った不動産会社の口コミがよければ、後押しになるのです。

 

まとめ

 

不動産一括査定サイトは、便利な集客ツールとしてメリットが多いのですが、

反面デメリットがあることも理解しておく必要があります。

 

集客に対する苦労は薄らぎますが、

その分の苦労を「ユーザーに不動産会社として選ばれる」ことに注力しなければなりません。

 

 

この記事を書いた弁護士は…

お気軽にご相談ください。

電話をかける

タップで03-4405-4304にかかります。

03-4405-4304
受付時間 平日9:00〜19:00(夜間・休日応相談)